幼稚園・保育所の設計・計画を中心に、人間と環境の関わりについて研究しています。
by fujitalab
以前の記事
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
more...
検索
ライフログ
その他のジャンル
画像一覧


0415 特別研究中間発表


お久しぶりです、2Kのやすのりです。
ついに最高学年になってしまいましたΣ(’Α`;)
7年目、早かったなあ。今年22だよ。

今は就活でヒィヒィ言っております。
なんか散々「就活シーズンがずれる」とかいってたけどそんなことはなかったぜ!
結局例年通り、4~6月が大変ですね。


さて、今日はタイトルにある通り特別研究中間発表がありました。
質問されたこと、発表の感想などをつらつらと書いていきます。


・発表全体
結構早口だったけど4分オーバー。多分4分30秒ぐらい。
最後のスライド、UH園の滞在場所の移り変わりを言えなかった。
練習不足とパワポの文章量を多くしすぎたのが悪かったと思う。


・質問とその回答(副査の小川先生)
Q:各保育園の年齢や平面構成のメリット、デメリットと感じた点は何か?
A:SW園のメリットは異年齢保育を採用しているため、例えば2歳児は3~5歳児の子を見習うようになるし、5歳児は下の子の面倒を積極的に見ようとする。デメリットは保育棟を分けているため活動がその棟で完結してしまう。UH園は1回目の遊びではテラスCも使っていて遊びに広がりが見られたが、2回目は保育室で生活が完結していたから活動に制限があった。

Q:今後の調査を行っていき、何を見出すのか?
A:異年齢・年齢別保育の形態ごとにもう少し細かく。着替えるためのスペース、食べるスペースなどの在り方についてみていく。
[PR]
by fujitalab | 2015-04-15 14:12
<< 0415第一回全体ゼミ 0226 番外編 >>